やりたいことの見つけ方。自分の心の動きを見つめる。

サラリーマンライフ

なはらるです!!

今日は久しぶりに朝から気温が高いですね。少し暑い。

でも休日なので許そうw

最近、自分の本当にやりたいことを見つけるのってすごく難しいなーと感じてます。

やりたいことがある人はすごく魅力的に見える。

「暇があればこれをやるんだっ」「私はこれが好きなんだっ」って人は正直羨ましい。

私が変なのかわかりませんが、これがやりたいって強く思うことがあまりないんですよね。

没頭できるようなことが欲しい。。。

これは私の中でかなり強い願望です。

そこで、やりたいことの見つけ方について考えてみました。

いいなーと思ったことはやりたいこと?

これは、ホリエモンこと、堀江貴文さんの書籍「ゼロ」に書いてありました。

「やりたいことがない」は真っ赤な嘘だ。と

やりたいことがないんじゃなくて、やりたいことはあるのに、勝手に自分なんかが出来っこないと諦めて、自分の可能性に蓋をしているだけだと。

例えば、新垣結衣(ガッキー)が好きだとする。すごく会いたいと思っている。

でもその人はガッキーに会うための努力をしない。例えば、テレビ局に就職するとか、俳優になるとか。

例えば、テレビで海外の素敵な景色が放映される。「こんなとこに住んでみたいなー」と思う。

でもその人はそこに住むための努力をしない。例えば、その国の言語を習得するとか、その国で働けるスキルを身につけるとか。

でも、多くの人はそれをやらない。

それは「自分なんかできっこない」と諦めているからだと。

堀江さんの言葉はストレートで、心に響きますね。

確かにそうかもしれない。

いいなーと羨むことは、自分のやりたいことである可能性は高いと思う。

でも、いいなーどころか、すっごく羨ましい!!と思うようなことってなかなか出会えないですよね。

その理由について堀江さんは、できない前提で考えてるからだと。自分で可能性に蓋をしていると。

何事も、できる前提で考えれば、やりたいことは溢れるように出てくるはずだと。

心の持ち様で、見える世界が変わってくるということですかね。

確かに、なんでもできるって前提で物事を見てないなーと思いました。

可能性に蓋をしている。これは無意識にそうなってしまっているかも。

蓋を外して、物事を見てみましょう。

嫉妬することはやりたいこと?

今度はネガティブな側面からですが、嫉妬することもやりたいことに通じているという仮説。

嫉妬というのは厄介な感情で、誰にでも一度は経験したことのある感情だと思います。

嫉妬は幸せに生きるためには、避けるべき感情であると捉えられていますが、やりたいことを探すという点では、一つの指標になるかなと。

嫉妬というのは、自分と近しい人、

例えば、会社員なら自分と同じレベルの会社員と、

サッカー選手なら、自分と同じレベルのサッカー選手と、

自分と他人を比較した上で、発生する感情だと思います。

会社員の私が、イチロー選手をみて、すごいなーとは思うけど、嫉妬はしません。

職業も、年齢も、レベルも、何もかも違うので嫉妬のしようがない。

逆にいうと、嫉妬するってことは、自分もそうなりたいって思っている証拠。

そう捉えると、それは自分のやりたいこと発見機になり得るってことですね。

嫉妬したら、その人のどこに嫉妬しているのかを考えてみましょう。

とにかく、やってみなきゃわからない

いいなーと思った。嫉妬した。そこでやりたいことの種を見つけたとき。

とにかくやってみることが大事ですよね。

やらなきゃ何も始まらない。

やってみたら意外とできた。とか、

やってみたら大して面白くなかった。とか、

色々あると思いますが、とにかくやってみなきゃわかんない。

私は前からブログ書いている人のことを羨ましいと思ってました。

でも「こんなに上手に文章書けない」とか「続けられないかも」とか思って、なかなか動けなかった。

でもある時吹っ切れた。

やってみなきゃわかんない。

出来なかったら、続かなかったら、止めればいいんです。

私はこの悩んでた時間がとてももったいない時間だったと思ってます。

おそらく、やりたいと思ったときにはじめていたら、あと1年くらいは早く始めれてた。w

できない理由なんかどっかに置いて、まずは一歩踏み出してみる。

この「一歩踏み出す勇気」が一番大事ですかね。

ということで、自分の心に素直に向き合って、いいなーと思うことや嫉妬することで、やりたいことの種を見つけたら、とにかく一歩踏み出してやってみる。

これを意識すれば、人生はやりたいことで溢れてくるのかもしれません。

どんどん挑戦していきたいと思います。

ありがとうホリエモン。

おしまいっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました