サラリーマンという長い道のり。45歳定年説について思うこと。

サラリーマンライフ

なはらるです!!

最近、巷を騒がせたサントリー新浪社長の45歳定年発言。

色々と波紋を呼んだみたいですね。

35歳のサラリーマンとしては、え、いいんじゃない??と思ってしまった。。。笑

20代〜30代の人たちと40代辺りの人たちで受け取り方はだいぶ違うんじゃないかなー。

いや、定年って聞くと、その後辞めさせられるってことを想像しちゃうけど、そういうことではないと思う。

国は企業に対して70歳までの雇用機会を与えることを現在努力義務としているし。

45歳である種の分かれ道が用意されるっていうイメージなんだろうなー。

企業にとっては辞めてもらいたくない45歳もいるだろうし、パッとしない45歳もいるだろう。

自分の周囲を見渡すと40代は会社に貢献している人とそうでない人がはっきりと分かれる年代でもあるように思える。

正直なところ、それくらいの年齢で仕事としての分岐点がありますよって事前にアナウンスされていれば、それぞれが自分のキャリアについて自発的に考えることになるし、本人にとってもメリットがあると思う。

ダイアモンドオンラインで山崎元さんの記事がとても参考になった。

サントリー新浪社長の「45歳定年説」はどこがダメか、山崎元の本質的考察
サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、「45歳定年制」の導入について提言したことが波紋を呼んでいる。この発言のどこが「ダメだった」のか、考えてみよう。そして、定年制を巡る問題の本質的な解決には、別の提案の仕方があると考えているので、そのアイディアもお目にかけたい。

これによると、山崎元さんも45歳を一区切りにする案については一部賛成しているようだ。

ただし、定年という言葉がまずかったのだと。

最終的には、「年齢差別である定年制度の全面廃止」をお勧めしている。

制度上そのようになるのはかなり難しいように思えるが、一部これと同じような考えを実行しているような会社もある。

少し前の記事ですが、電通などは、20年以上勤続している社員を対象に個人事業主になることを公募し、230人が退職し、個人事業主になったよう。

電通は230人を個人事業主化 シニア社員の生きる道 - 日本経済新聞
企業と個人の関係はこれからさらにどう変わっていくのだろうか。大卒の入社時から「能力評価」によって初任給に差を付け始めたソニー、支店長が目指すポジションという行員一体の価値観と人事コースを破壊し、入行時からIT(情報技術)やDX(デジタル・トランスフォーメーション)などの専門分野にも進む仕組みを取り始めたりそなホールディ...

これはいい制度だなと思った。

個人事業主となれば、社会保険料などの面で会社としてはメリットがあり、実力のある社員にとっては、元々いた会社からの仕事ももらいつつ、他社からの仕事を受けることもでき、収入UPの可能性も十分にある。

また、個人事業主になることで会社員としては活用できなかった節税方法も活用できたり、会社に必ず出社しなくて良く、時間と場所をある程度自由に選ぶことができる。

ただ、会社のいうことを聞く従順な普通のサラリーマンにとっては非常に辛いんだろうなー。

そんな「普通のサラリーマン」が多いからこそ、色々と反対意見が出るんだろうなー。

と思うわけです。

普通のサラリーマンである私にとっては、最近色々な議論がされているということはとてもいいことだと思っています。

そして年功序列ではなく、個人の実力を評価していく社会に少しずつ変化していくんだろうなーと。

そんな社会でどういった形で自分が生きていくのか、真剣に考えていかなきゃね。

サラリーマンとしては放っておけない話題でした。

おしまいっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました